リベリオン好き

素晴らしい改正だけど寝起きはまだまだ冷え込んで布団から逃れるのに苦しんでいます。
リベリオンは、どんな映画かと言うと普段ほとんど理解しがたい感情の深みへと落とされる映画です。
社会の支持を受けているのにあまり面白くなかったリベリオン。
でも、話はひねりがありました。
クリスチャン・ベールが登場するリベリオンは、この作品への意気込みが評価されて、価値の高い作品になりました。
少しだけリベリオンのあらすじが理解し辛かったです。
しかし、クリスチャン・ベールがうっとりします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中